業務用エアコンの冷房運転で多い故障、排水エラーの対策について

Menu

福岡市・糸島市近郊の方は、修理点検依頼受付けます。
090-1926-8813 ※同業者の方、清掃業者の方からの依頼はお断りしています


「業務用エアコン」最も多い故障、冷房運転の排水エラー

現在では天井に埋め込まれているカセット型のエアコンが主流となっています。 このエアコンは、冷房時の排水(ドレン排水)が悪くなると、リモコンがエラー点滅して運転を停止させます。(排水エラー)

以下が排水不良のエラー表示です。エラー停止の根本原因は汚れです。
ダイキン.A3  三菱電機.P4.P5  日立.01 パナソニック.E2  東芝.P10 三菱重工.E9  サンヨー.P10

重要項目
メーカーに修理依頼すると(点検の結果フロースイッチかドレンポンプどちらかに異常がある)と診断結果が出ます。 この二つの部品交換見積もりと、部品交換して室内機洗浄する見積もりの2種類が同時に提示されます。(当社の経験ではドレンポンプを取り替える必要はほとんどないのですが...?)

誠に余計なことなのですが、東芝の業務用エアコンが非常に排水エラーの症状が多くて困っています。当社がお世話になる福岡市中洲のビルでは新規3年目で別のメーカーに買い換えた事例があります。メーカーに繰り返し相談しても「そういう事例は全国的にも無い」の一点張り、改良しようとか自身の姿を顧みる姿勢はありません(メーカー側の問題ではない..と言いたいのです)。東芝にはエアコン業界からは撤退したもらいたい気分です。白物家電の方だけに集中してもらいたいですね。 


必要のない部品代を支払い一時凌ぎの処理をしても一定時間が経過すると、また排水不良のエラーが出る可能性はあります。 あらためてメーカーに連絡すると室内機洗浄を勧められることになり、また費用発生となります。(基本点検料、出張料の二重請求とも言えますが、これはお客様にも責任があります)

修理費用が安いからと、安易に部品交換だけの修理を選択するのではなく、できれば室内機洗浄をお勧めします。 注).禁煙の事務所など汚れが軽度な場合、応急清掃だけで安く修理完了する場合もあります

ただ
排水不良を検知する部品そのものが故障することもあります。排水不良ではないのに排水エラーを点滅させて空調運転を強制停止させてしまう事態です。エラーを検知する部品そのものが故障すれば、室内機洗浄しても解決しません。

このコーナーは排水エラーは室内機洗浄という結論になりがちな説明ですが、上記のように判断が求められる事もあります。洗浄はクリーニング専門店ではなく値段は少し高くなりますが、機器に精通したメーカーサービスまたは空調専門店へ御用命下さい。(機器が適正運転しているかどうかのチェックにも役立ちます)

室内機洗浄の写真


カセット型のエアコンは、この汚れの影響によるエラー点滅が最も多い故障です。 しかし厳密に言えばこれは故障ではありません。排水不能となりエアコンから水があふれ落ちるのを機械が検知して緊急停止を命令している状態です。 

メーカー規定の範囲で排水(ドレン)工事をしても、使用環境によりこの排水エラーは頻繁に出ることがあります。 この場合ドレン配管を若干手直しすることでエラー停止の予防はある程度可能です。